skip to Main Content
薩摩本柘の特徴
目次 - table of contents -

薩摩本柘とは

原産は鹿児島県指宿地方、現在は南薩地方の揖宿郡周辺で主に栽培がされているツゲ科の常緑低木です。

ツゲは元々、亜熱帯地方の植物ですが、南薩の温暖な気候が適して日本の固有変種として定着し、盛んに栽培される様になりました。

その後、生産者による長年の品種改良によりキメの細かい高品質な木材として日本全国に販売される様になりました。

薩摩本柘の印鑑がおすすめな理由

ツゲが成長するにあたり、日本の気候は亜熱帯地方より気温が低いため成長に時間がかかります。

その結果、長い期間を経て年輪が綿密で硬く成長します。

「狂いが少なく、硬く、キメが細かく滑らか」な特徴が印鑑の材料として適しています。

江戸時代から美しく滑らかで丈夫な性質で重宝された薩摩本柘は、現在でも大変人気のある「定番」の印鑑材料です。

明るいクリーム色のナチュラルな木色が、年月を経ることで光沢も増し美しい飴色に変わっていきます。

仏像や工芸品で彫刻される薩摩本柘は、自らの意思の証である印鑑にふさわしい木材となります。

印鑑の素材でお悩みの方は、美しく強く定番でもある薩摩本柘を選んでいただくと間違いがないでしょう。

薩摩本柘の栽培

ツゲは植林などと違い、山に植えられるのではなく庭木の様に植えられるのが一般的です。

害虫に弱く成長管理に手が掛かるため、生産者の目の届きやすい畑などで生産されます。

栽培に手が掛かるため大量生産には向かない木材ですが「国産の高品質な木材」としてのニーズに応えるため、南薩地方では生産量の増加に力を入れ取り組んでいる様です。

厳しい管理のもと生産された薩摩本柘は、海外で生産されたツゲ科の木材とは明らかに別格で美しく強い木材となり印鑑の材料として使用されています。

現在では、流通量の9割が南薩摩地方で栽培されたツゲの木材です。

薩摩本柘の代替品

国産ツゲの代替品として輸入ツゲの流通量も多くなってきました。

当初は「国産のツゲ」とアジア地方で栽培される「輸入ツゲ」は区別がされづらいものでしたが、現在は公正取引委員会により輸入ツゲは「あかね」として販売されています。

具体的には「ツゲ」とだけではなく(あかね)の表示をしなければならないのですが、販売店によっては「拓」とだけ表記しているお店もありますのでご注意下さい。

「あかね」も印鑑の材料として十分なキメの細かさではありますが、薩摩本柘の滑らかな木目と経年変化による美しさとは格が違うでしょう。

永く使い続ける大事な印鑑として薩摩本柘は大変おすすめの材料となります。

印鑑は専用のケースに入れて保管しましょう

落下等の衝撃から大切な印鑑を守る印鑑ケースは、紫外線や湿気からも印鑑を保護してくれます。

それぞれの印鑑を色の違うケースに収納することで、紛失や混同することもないでしょう。

使用後は、きれいな印鑑ケースに気持ちよく収納してあげて下さい。

昇成堂(しょうせいどう)

昇成堂(しょうせいどう)

印鑑・はんこ作成の激安通販【昇成堂】は品質と価格を両立。インターネット通販ならではの激安価格で高品質の印鑑をお届け致します。

Back To Top